ヘッダー

〒203-0031 東京都東久留米市南町1-4-72
診療時間 午前10時~13時 / 午後16時~19時

一般内科

■循環器科
心臓は血液を全身に送り出すポンプの役割を果たしています。「最近疲れやすくなった」「よく咳をしている」と言った症状は心臓の病気のサインかもしれません。

■泌尿器科
腎臓は血液中のいらない成分をおしっこ中に排泄したり、体の水分量を調節する働きがあります。
「おしっこが出にくい」「おしっこが臭い」「おしっこが最近多い」と言った症状は腎臓や膀胱の病気の可能性があります。

■呼吸器科
気管や気管支・肺のほか、胸腔や鼻、喉の疾患も治療の対象になります。早期の治療が必要な病気も多いため、「咳をする」「呼吸が苦しそう」「異常にブヒブヒ言っている」といった症状の場合は早めの受診をお願いいたします。

■消化器科
嘔吐や下痢はちょっとした環境の変化やご飯の変化でも起こりますが、膵炎や腸閉塞、腫瘍などの重大な病気が潜んでいることがあります。当院では内視鏡を積極的に用いながら、原因の究明に努めていきます。

■内分泌科
最近太ってきた・痩せてきた」「よく寝ている」「夜も眠らず騒いでいる」「水を大量に飲む」「毛が抜けてきた」。
こういった症状は内分秘(ホルモン)の病気の可能性があります。
急に症状が出ることが少ないため、「そういえば当てはまるかも‥」という方は一度受診をお勧めします。

■腫瘍科
ワンちゃんネコちゃんも人間同様ガンになってしまうことがあります。腫瘍はその種類によって治療方法や予後が様々です。 当院ではワンちゃんねこちゃん、飼い主様双方にとって最良の治療を提案できるよう心がけております。

■皮膚科
「最近毛が抜けてきた」「いつも痒そうにしています」「フケが最近すごくて・・」。
こういった皮膚の症状は、色々は病気の結果として現れることがあります。単に症状を抑えるだけでなく、原因を解明し適切な治療を提供していきます。

■歯科
3歳のワンちゃんの80%は歯周病があると言われています。そのまま放置しておくと、歯根に溜まった膿が顔の腫れや痛み を引き起こしたり、ひどいくしゃみを誘発してしまうことがあります。あれ?と思われた方は是非一度ご相談ください。

■耳科
「頭を掻いている」ほか、「頭を振っている」「首が最近傾いている」といった症状も耳の病気が原因であることがあります。
日常のケアから麻酔下での処置まで症状の程度や動物の性格に合わせて対応いたします。

■眼科
何でも舐めたり匂いを嗅いで確かめるワンちゃん猫ちゃんは、目を傷つけてしまったり目に異物が入ってしまうことがたくさんあります。また、目が赤くなったり目が白くなったりする背景に全身の病気が潜んでいる可能性もあります。